廃棄処分されるビニール傘がバッグに・プラスティシティ -循環型社会の実現やリサイクルの進化系と注目されるアップサイクル製品-【ももちタイムズ/ももち浜ストア】

生活情報

アップサイクルとは、本来捨てられるはずだった物にデザインやアイデアといった新たな付加価値を持たせることで、さらに価値の高い、新しい製品にアップグレードして生まれ変わらせること。
そこで今回は、循環型社会を実現する手段のひとつとして、またリサイクルの進化系として注目されているアップサイクル製品を特集します。

アップサイクルという言葉、知っていますか?
これは『本来なら捨てられる物に、デザインやアイデアなどの新たな価値を持たせて、さらに価値の高い製品に転換する』ことなんです。
そんなリサイクルの進化形としても注目されるアップサイクル製品を紹介します。

廃棄処分されるビニール傘。何にアップサイクルされるでしょう。

バッグなんです。
廃棄されたビニール傘は、エコとデザインを融合させた、プラスティシティというブランドのバッグにアップサイクルされているんです。

年間およそ8000万本も消費され、その大部分が捨てられたり、置き忘れられたりしているといわれるビニール傘。
プラスティシティでは、それら廃棄処分されるビニール傘からビニール部分を取り外し、何枚も重ねて特殊なプレス加工を施すことによって独自の素材を開発。
その生地が熟練の技によって、ひとつひとつ表情が異なるオンリーワンのバッグに生まれ変わります。

柔らかな乳白色のバッグは、元が捨てられたビニール傘とは思えないほどです。
傘の持つ防水性や、汚れに強いなどの特性が活かされたプラスティシティのアップサイクルバッグ。
雨が多いこれからの季節に、いかがですか?

トートバッグを作るのに状態の良いビニール傘で3本必要だそう。
色柄物のビニール傘は、回収した傘の1割程度しかなく、すべて1点ものなのでネットでも即完売。
10年後になくなるブランド=傘の回収が困難になる状態、になることを目指しています。
プラスティシティを作っている会社は、タイヤチューブをアップサイクルしたバッグやリュックも作っています。

キルティング2WAYトートバッグ 15400円(税込み)
サコッシュバッグ 8800円(税込み)
ウエストバッグ 9900円(税込み)
トートバッグ ラージ 14300円(税込み)
*オンラインショップ「プラスティシティ バッグ」で検索

2021年6月10日(木) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。