かぼちゃをテーマにした美術館・カボチャドキヤ国立美術館 -行かんとわからん-【キニナル/ももち浜ストア】

グルメ

「キニナル」は新企画「行カントワカラン」
今や私たちの生活に欠かせないネット地図ですがよーく見てみてみると不思議な名前で記載されているキニナルスポットがずらり!地図だけではどういう場所なのか分からず、行ってみないと分からないスポットを巡ります!受験生が殺到するという田川にある岩や、かぼちゃを愛しすぎた謎のアーティストの館など気になるスポットが続々登場します!

北九州市門司にある、カボチャドキヤ国立美術館が行かんと分からん!
カボチャの帽子をかぶったこの方が館長のトーナス・カボチャラダムスさん。
もちろん日本の方ですよ。
気になることが多いと思いますが、まずは建物の中へ!

カボチャドキヤ国立美術館とは、かぼちゃをテーマにした美術館!
美術館全体がカボチャドキヤという国という世界観に包まれているんです。
ここに展示されている、絵画やアートなどは全て館長の作品なんですよ!
こちらの油絵はかぼちゃの中に、門司に実在するお店などを細かく書き込んでいて、大人から子供まで見ていて本当に 楽しい作品なんです!

ちなみに館長は小倉高校を卒業後、現役で東京大学へ入学!
めちゃくちゃ頭がいいんです!
その後アートの道に進むとカボチャのテーマに作品を作り続け、数多くの美術雑誌などでも取り上げられるほどのアーティストなんです。
さらに日本を代表する詩人、谷川俊太郎さんとコラボした作品をあるんですよ!(館長の絵に谷川俊太郎さんの詩が付いているんです)
館長の作品は凄まじいほどの細かく書き込まれているため、1つを完成させるのに3年近くかかる事もあるそうで、一枚うん百万円もするんだそうです。

北九州門司にあるカボチャドキヤ国立美術館はカボチャで溢れる国でした!

【住所】北九州市門司区谷町2-6-32
【営業時間】11:00~16:00 *土曜・祝日のみの営業
入館料 大人300円(税込み) 中高生100円(税込み) 小学生以下無料

2021年4月7日(水) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。