ハンズマン大野城店 -釘を1本も使わないで完成する椅子【高田工務店/ももち浜ストア】

生活情報

お家時間に挑戦してみたいDIYを高田課長が実践紹介する高田工務店!
今回は、たった板1枚で椅子づくりに挑戦します。
本職は芸人にも関わらず、家の家具も自分で作ってしまうほどDIYマニアの高田課長が、プロ顔負けの腕を披露。釘を1本も使わないで完成する椅子はお見事です。そんな課長が、初心者でも真似できる材料の選び方から作り方まで伝授します!

今日は久しぶりにやります『高田工務店』です。
今回は、板を1枚使ってあるものを作りますよ!
休日もお家時間が多くなり、DIYに挑戦してみたいという人が増えている今日この頃。
DIYが大好きな私、高田課長が、これから始めたい人や、
既にやっている人にも参考になる、DIY情報満載で実践紹介するコーナー。
題して高田工務店!

まずはハンズマンへ。

そしてこちらの図を見ていただければ一目瞭然ですが、単層のベニア板を重ねたものが合板で、コンクリートの型枠に使用するコンパネや構造用など、用途に合わせた合板が使用されるということなんです。
今回は、椅子づくりのために一般合板を使用しますよ。

水性塗料にも色々な種類があって、見た目も可愛い「ミルクペイント」というこちらの塗料は、牛乳を主成分としていて環境にもいいですし、匂いもほとんどなくて塗りやすいんです。

サイズも様々あるのですが、今回は畳2.5枚分を塗ることができる0.5ℓを使用します。
あとは、ハケのセットと塗料を入れるカップを購入。
今回の材料はこれだけなんです。
皆さんお気づきですか!?
今日は釘を使わないんですよ。

板を買う時にも言いましたが、今回はこの90cmの板を、30cm幅3枚に切り分け、脚2枚と座面1枚として使用します。

真実は後のコーナーで確認していただきましょう。
早速、板を切ります。
我が家には、このような電動のこぎりがあるので一気に切れますが、ない場合は普通の“のこぎり”で切ってくださいね。
高田ジュニア1号2号とギャラリーも増えたところで、続いては細かい部分をカットしていきます。

なんと高田家には、糸のこぎりもあるんですよ!
残念ながらこれを使わなければ切れない部分もあるんです。

しかし、お持ちでない皆さん、ガッカリしないでください。
ハンズマンで材料を購入すれば、無料で借りられますので是非利用してくださいね。
糸のこぎりを使えば、このように細かいカーブもカットできます。

続いて座面ですが、ハンズマンでは、直線のカットのみしかお願いできないので、今回の椅子の場合は、脚を組み立てたてら、座面は四角の板を乗せて完成です。

あまり安定していないので、座るよりはインテリアとして使用することをおすすめしますよ。
そして僕は、ワンランク上の円形の座面で作ります。
円形にするには、あるものが必要なんです。

この機械本当に便利なんですよ。
角ばったところを、このように丸く削ってくれるんです。
座面のくり抜き作業も、糸のこぎりを使用。

乾いたら組み立てますよ!
脚をこのように?み合わせて、座面も差し込めば…

釘を1本も使わずに椅子が完成!!
泣く子も喜ぶ安全な椅子です。

【住所】大野城市南大利1-5-1
【電話】092-589-1600

2021年1月21日(木) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。