ソフトバンク移籍の又吉、まさかの在来線で球場入り 球団ツイッターも反応「新幹線に乗り遅れた!?」(22/01/20 17:00) 【ももスポチャンネル 公式】

ホークス

ソフトバンクに新加入した又吉克樹投手(31)が20日、福岡・筑後のファーム施設で自主トレを公開した。球団施設での移籍後初練習。博多駅から在来線で約1時間かけて最寄りの駅に降り立った右腕は、改めて新天地での活躍を誓った。

 このオフ12球団唯一のフリーエージェント(FA)移籍で注目を集める又吉がのんびりモードで福岡入りした。球団は自主トレ公開スタート時間の目安を午前11時ごろと報道陣に伝えていたが、なかなか球場に姿を現さない。やがて大きな荷物を抱えて球場入りしたのが11時ごろ。練習後の取材に応じる中で大幅に遅れた理由をちゃめっ気たっぷりに明かした。

 「実は新幹線の時間を調べていなくて…在来線しかなかったということです。電車に乗る機会はあまりなくて」

 博多駅からファーム施設の最寄りである筑後船小屋駅までは新幹線で25分ほど。福岡市内に住む選手たちが筑後で練習する際も新幹線を利用することは珍しくないが、1時間近くかかる在来線で訪れることはあまりない。同駅に止まる新幹線は1時間に1~2本。事前にダイヤを把握していなかったための出来事だったが、又吉はなぜか楽しそうに”ローカル線の旅”を振り返った。「だんだん(筑後が)近づいてくると、ここで野球をやるんだなと。普通に立ちながらボーッと景色を見て。なかなかそういう機会がないので、逆に良かったのかもしれない」と前向きに受け止めた。

 中日からFAで移籍してきた選手のまさかの?在来線移動にツイッターの球団公式アカウントも反応。球場入り後、又吉の告白を受けて「九州新幹線に乗り遅れた・・・!?」と愛情たっぷりにつぶやいた。

 この日は走り込みを中心にキャッチボール、遠投などで約3時間、汗を流した。その合間に選手やスタッフらと丁寧に挨拶を交わし、笑顔でコミュニケーションを深めた。球場入りの際、多くのカメラが自身を追う様子には「人生で一番囲まれてますわ、カメラに」と驚き顔だ。報道陣の取材を受ける中で、今月11日に結婚したことも自ら明かした右腕は「競争に勝てるように。新人の気持ちでアピールして、でも焦らず形をつくって、中継ぎのメンバーに入っていけるように」と決意表明した。

 (取材=城大瑛)

この記事について

福岡TNCにて平日午後4時50分より放送中「ももち浜S特報ライブ」内の人気コーナー「ももスポ」!
「ももスポチャンネル」では、ホークスを中心に地元福岡のスポーツをアップします!
番組公式HP ⇒ https://www.tnc.co.jp/sports/momospo
番組公式Twitter ⇒ https://twitter.com/momospo