四方竹狩り -収穫は1ヶ月だけ!超貴重な「秋」の野菜-【あべちゃんカメラが行く!/ももち浜ストア】

グルメ

きょうはちょっと山の奥にきました。
浮羽町「妹川地区」に来ています。
さてここで何をするかというと…今日のテーマは『収穫は1ヶ月だけ!超貴重な「秋」の野菜』
まさかあの野菜が「秋に」採れるとは…
その野菜というのが、あちら、あの竹藪の中で育っているんです。
そう!実はタケノコなんですよ!秋なのに!

これは「四方竹(しほうちく)」という種類のタケノコ
いわゆる一般的な孟宗竹などは、春先に出回りますが、この「四方竹」は 秋に収穫される珍しいタケノコです。

秋にタケノコが獲れるなんて初めて知りましたが、やはり珍しいですよね?
「四方竹」は、高知県が有名(特産品)で、このあたりでは10軒ほど出荷しています。
四方竹をうきはの特産品にしようと、みなさんで頑張っていらっしゃるそうなんですよ。
そして、このタケノコの名前「四方竹」の由来は、形にあるんです

この四方竹、この状態の他、このように「茹でた」状態で道の駅うきはや、にじの耳納の里で販売されているそう。
   
きょうはおすすめの食べ方でいただいてみたいと思います。
「煮付け」です
いわゆる春先にでるタケノコとの違いは?
シャキシャキした食感で、柔らかいので煮たときに味が染みやすいんです。

そして、こちらには、四方竹を使った「炊き込みご飯」のおにぎりが!

実はこの「炊き込みご飯の素」を使って炊いたもの。道の駅うきはで販売しています。
どうしても生の四方竹は時期も量も限られるので、これなら、手に入りやすいですね。

きょうは「秋」にとれる珍しいタケノコ「四方竹」をご紹介させていただきました。
みなさんもぜひ味わってみてください。

【住所】うきは市浮羽町妹川地区
うきはん山ごはん 3合分 500円(税込) *道の駅うきは販売中
四方竹(生・茹で) *10月末までの予定 数量限定 売り切れの場合あり
*道の駅うきは / にじの耳納の里 販売中

2020年10月23日(金) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。