女子高生が手掛けたご飯のお供・よかもん市場 もっと福岡よかもんマルシェ -地元活性化商品-【ももちタイムズ/ももち浜ストア】

グルメ

新型コロナで経済が落ち込む中、福岡の特産品で地域を活性化しようと作られた商品を紹介します。
漁獲量日本一の糸島の鯛を高校生がご飯のお供に最高の逸品に商品化!
果たしてどんな商品が完成したのか?

「女子高生が手掛けたご飯のお供」
その高校生がいるのは福岡市東区にある博多女子高校ということで授業中にお邪魔しました。

女子高生が手掛けた商品というのがこの「鯛味噌」。
実は、糸島は鯛の漁獲量日本一!
それを全国にアピールできないかと博多女子高校の生徒たちは糸島漁協や元板前の方と協力し新商品を開発しました。
こだわりはたっぷり贅沢に使った大きな鯛を、糸島の味噌でじっくりと煮詰めること!
種類は味噌バター、トリュフ、柚子胡椒の3つ。生徒たちに初めて食べた時の感想を聞いてみると?
女子高生が味の調整を行いましたが、現在作っているのは元板前の福嶋さん。
配合など微妙な調理方法は福嶋さんしか実現できなかったため、現在も毎日一人で手作りしているそう。
この鯛味噌は「よかもん市場」というサイトで購入することができます。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

糸島鯛味噌香る三姉妹3本セット 2200円+税
*「よかもん市場 鯛味噌」で検索
https://www.yokamon.jp/

2020年10月12日(月) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。