県内最古の酒蔵で作られるプレミアムな梅酒・大賀酒造 -いま様々な高級品が売れています!-【ももちタイムズ/ももち浜ストア】

グルメ

「いま高級品が売れています」 新型コロナの影響で経済も低迷し、個人消費も低下しているといわれる一方、いま様々な高級品が売れています!
福岡でも様々な業界がプレミアム商品を販売!
有名洋菓子店が作った八女伝統本玉露を使った1つ4000円を超えるスイーツや、太宰府の歴史を感じる贅沢な梅酒。そして、この時期ならではのおせちも3万円以上の高価格帯のものを特集します。

新型コロナの影響で、様々な業界が影響を受けましたが、緊急事態宣言が解除された今、その反動で高価格帯の商品が売れているそうです。実態を探りました。

プレミアムな商品は、筑紫野市にある大賀酒造。

創業は1673年の県内最古の酒蔵で作られるプレミアムな商品は?

こちらがそのプレミアムな商品という梅酒「東風の梅」
他にも大賀酒造では梅酒を製造販売しているんですが、いったい何が違うんでしょう?

色の方も通常のものと並べてみると、より赤みが濃いのが一目瞭然。

さらに大賀酒造で作られる梅酒には、大宰府政庁跡地の梅が使われており、それもまた特別な気分になりますよね。
またこちらの商品は太宰府市のふるさと納税の返礼品としても扱われるそうです。
お値段は少々高めの720mlで1本2200円。
お客さんの反応は?

製造本数は限定500本。
今月から大賀酒造で先行販売を開始して、順次、太宰府市内のお土産屋さんなどでも販売されるそうです。

【住所】筑紫野市二日市中央4-9-1
東風の梅 720ml 2200円(税込み)

2021年12月6日(月) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。