日本人好みにつくった生地に福岡人好みの餡・中華パンの専門店 福慶 -福岡の中華まん最新事情-【フクオカQ/ももち浜ストア】

グルメ

福岡の話題をクイズ形式でお届け「フクオカQ」。 今回はほかほかの中華まんを大調査!
肌寒い日が続くこの季節から食べたくなる中華まん。今ではコンビニで手軽に買え、種類も増えてきましたが、町の中には意外と知らない福岡ならではの中華まんがあるんです!そこで今回は、博多の名店がつくる意外なご当地まんや、九州ならではの肉まん文化のルーツなど、福岡の中華まん最新事情をご紹介します。

肌寒い日が続き、町は一気に冬の装いに。

この時期、つい食べたくなるのが、ホカホカの中華まん!
今ではコンビニで手軽に買える中華まんですが、町の中には意外と知らない“福岡ならではまん”があるんです!
さらに、定番のアレに関する意外な事実も!

食べてぽかぽか!福岡中華まん事情をご紹介します!

福岡市城南区にある中華パン専門店「福慶」。

ここでは中華まんや小籠包などの小麦粉をこねて蒸したものを総称して中華パンと呼んでいます。
中国出身の店主、蒋(ショウ)さんは、本場中国で修業を積んだのち、7年前にお店をオープンしました。

本場中国でも定番の、醤油味の肉まんはもちろん、お子さんに人気のソーセージまんや月替わりの限定中華まんも展開。

ちなみに今月は蒋さんお手製の豚キムチまんとなっています!

中国と日本、どちらの中華まんも知る蒋さんが、日本人好みにつくった生地に福岡人好みの餡を詰めました!

また、日本で中華まんといえば小腹がすいた時に食べるイメージですが?
中華まんを考案したのは、諸葛亮(孔明)なんです。

西暦220年頃、軍司 諸葛亮は川を安全に渡るための人柱の代わりとして、小麦を練ったものに牛と羊の肉をくるんで人の頭に見立てました。
これが中華まんの始まりと言われているんです。

【住所】福岡市城南区別府5-13-30
【電話】092-733-3567
【営業時間】平日10:00~17:00 *土曜は18:00閉店
【定休日】日曜・祝日
高菜と豚肉の肉まん 160円(税込み)

2021年11月23日(月) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。