吟麦製麺 -日田焼きそばで有名な『バソキ屋』さんが手がける新しい麺料理のお店-【あべちゃんカメラが行く! /ももち浜ストア】

グルメ

きょうは福岡市博多区の美野島商店街に来ています!

今月4日にオープンした製麺所併設のお店がコチラ!『吟麦製麺』です。

実はコチラのお店、日田焼きそばで有名な『バソキ屋』さんが手がける新しい麺料理のお店なんです。

福岡市を中心に5店舗構える日田焼きそばの専門店『バソキ屋』。
特徴はこだわり自家製麺!

全粒粉を使用した太麺を鉄板で炒め、パリパリでモチモチ食感が特徴の『麺焼そば』。
実はこの、焼きそばに使うこわだりの太麺と同じ小麦粉を使って新たな麺を開発したんです!
小麦粉の名前である『吟麦』からお店の名前を取っているんです!
吟麦を色んな方に知ってほしいという想いからこちらのお店をオープンさせてそうですよ!

新しい麺とは『吟麦そば』と言って、中華そばのような今までにはない新しいタイプの麺を開発!

小麦に対するこだわりや愛が強すぎて、店内の奥を見てください!
小麦が入った袋を、お寺にある仏像みたいに祀っていますよ!
こんなに小麦を大切にしているの初めてみましたよ!
しっかり光も当たってディスプレイがすごいですね!

お客様にも小麦を見て欲しくて、小麦専用のライトを使って、よく見えるようにディスプレイしているそうです。

そんなこだわりの小麦粉『吟麦』を使った麺料理をご用意してもらいました!

まずは、麺の風味が一番わかる『吟麦ざるそば』です!
この吟麦は栄養価が高く、小麦本来の「味」・「香り」・「食感」が楽しめるようになっています。

さらに!もう1つご用意していただきました。

『吟麦中華そば』です。
同じ吟麦でも製麺する工程が違うと、全然違う麺になるんです!

こちらのお店では、製麺所直営で麺をいっぱい味わって欲しいとのことで、2玉まで同じ値段でいただけるんですよ♪

そして!期間限定で販売されているのが、コチラ!


コチラはお客様からのリクエストから生まれたメニューで小麦の可能性を広げるためにも、色んな麺料理に挑戦しています!
だいたい2ヶ月ぐらいの周期で新たなメニューに変わるそうですよ!
ちなみに、どんなに好評でも一定の期間が経ったら変わるそうなので、要チェックですよ!
   
最後に、外の自動販売機。

ちょっと気になっていたんですけど、吟麦の麺が入っていたんです!
お店が閉まったあとでも、おうちで食べてもらいたいので、自動販売機スタイルで販売を始めたそう!

つゆや、調味料も販売しているんです!
お店が15時までなので閉まっても買えるのは助かりますね!

今は15時までですが、12月ごろには夜営業や、モーニング営業も始める予定だそうです!
さらに、吟麦を使った餃子やパンの販売も予定しているそうなので、インスタグラムを要チェックです!

【住所】福岡市博多区美野島1-9-19
【電話】092-292-4211
【営業時間】モーニング7:30~11:00 ランチ11:00~15:00 ナイト16:00~0:00
【定休日】なし *ランチ営業のみ
吟麦ざるそば 600円(税込み)
吟麦中華そば 600円(税込み)

2021年10月25日(月) OA

この記事について

TNC朝の情報番組「ももち浜ストア」で放送したお店、グルメ情報やレシピなど、人気のコーナーを紹介します。