#6 Only The Lonely【ロックンロールとハカタと、時々、スズ】

エンタメ

ロイ・オービソンを知ったのは、中学時代にヒットしていたJ.D.サウザーがきっかけでした。アンサーソングという概念は、中学時代の私には新鮮で、敬意を感じながら曲を作るっていいなと感じました。

艶のあるロカビリーな歌声は、「オトナやね~」という印象でしたが、その当時は、エルヴィスなどのロカビリーは過去のもので、現在進行形ロックのルーツはビートルズだという感じが主流でしたので、掘り下げて聴くことはありませんでした。

後の高校から大学時代に、お世話になった名門ジュークレコードで学ばせて頂くことになります。

1990年にリチャード・ギアとジュリア・ロバーツの映画「プリティ・ウーマン」でリバイバル大ヒットになって有名な「オー・プリティ・ウーマン」は、山下達郎氏のライブでも披露されましたが、達郎氏曰く、「ロイ・オービソンの歌唱法にはとても影響を受けた」とのことです。

ロイ・オービソンの出発点は、サン・レコードでしたので、師匠筋にあたる大瀧詠一先生は、エルヴィスですから流石のロックンロールの系譜といえます。

あるラジオ番組で大瀧先生が「ロイ・オービソン嫌いな人はオンリー・ザ・ロンリーと アイム・ハーティンの違いがわからず一緒に聴こえるらしい…」と言われたそうですが、そもそもロックンロールやドゥーワップに興味ない方には、みんな同じ曲に聴こえてしまうのでしょう。(※これは、ジャズ、レゲエ、タンゴ、演歌、現代音楽…など、どんなジャンルにも当てはまることだと思いますが…)

しかしながら「いいものはいい」わけで、スネークマンショーみたいですが、理屈はないんです。音楽は浴びるものですから!

56年デビューで最初の頃は鳴かず飛ばずの感じで、エヴァリー・ブラザースとの出会いで運が拓けていくロイ・オービソンなのですが、60年代に入ってから超有名な「オー・プリティ・ウーマン」や玄人筋からも人気ある「アイム・ハーティン」など名曲揃いの中で、私が1番好きな曲は、「ブルー・エンジェル」であります。ドゥーワップ調のゆったりとしたリズムに響く優しく美しい歌声は、永遠なのです。

しかしながら、今宵は、リンダ・ロンシュタットの「ブルー・バイユー」を聴きながら筆をおきます。

ロックンロールって、本当に良いものですね。

RO SOBA PAGE
https://htms.base.shop/items/28159740

このSOBA(そば猪口)は、蕎麦や素麺などのつゆには勿論、日本酒や焼酎などのグラス、そしてアイスクリームなどのデザート器にも最適な多用途な商品です。やや大きめの口径ですっきりとしたフォルムを艶のある表面に仕上げています。
デザインイメージのロイ・オービソン(Roy Orbison)は、バディ・ホリーのプロデューサーだったノーマン・ペティに見出された伸びやかで艶のあるファルセットが特長のロカビリーシンガー。代表曲は「オー・プリティ・ウーマン」「オンリー・ザ・ロンリー」ですが、エバリーブラザースで有名な「ラヴ・ハーツ」のロイ・オービソン・バージョンを聴きながら製作しました。
(高さ約6.2口径約8.0×底径約5.2cm)
(重さ:205g前後)
【RR Rock&Roll】

錫は錆びにくく、銀のように黒ずんできたりしない金属です。また、長く観賞用として使用せずに置いてますと、これまた渋くてカッコいいブロンズ色になってきます。これも味があります。
いつまでも古ぼけずに円熟さを重ねるロックンロールのような感じがしてまして、数多あるロックンロール・アーティストの名曲を聴きながら独自のイメージで錫製品を作っています。
「はかた錫スタジオ」HP https://htms.base.shop

この記事について

「RR Rock&Roll HAKATA TIN」作家 / 村上 禎人
地元の福岡大学卒業後、博多の老舗百貨店宣伝企画から広告代理店を経て、錫作家・田中勝氏に師事
音楽の街/福岡から独自のRock&Rollをイメージした錫工芸の創作をスタート
創作する錫作品は、50~60年代アメリカのR&Rをイメージしたものが中心で、特にWall of Soundを嗜好し、敬愛するソングライターはEllie Greenwich、シンガーはDarlene Love、ミュージシャンはレッキング・クルーの面々。