冷めても美味しい唐揚げが大ヒット〜時代のニーズをつかむ発想で 食品と介護サービス事業で 地域を支えるグループ会社に【株式会社 唐十】(下)遊撃する中小企業 〜がんばってますけど、何か?

地域企業

株式会社 唐十 会長 髙山良二氏

昭和25年福岡県田川市生まれ。
20歳で独立 後、北九州市内で建築資材、レストラン、ビデ オレンタル店、弁当FC店などを幅広く経営。その後唐揚げ専門店「唐十」を立ち上げ、介護事 業や不動産事業も手がける。現在は唐十グルー プの会長を務めている。

株式会社 唐十
創業:昭和 45 年(有限会社高和商産)
事業内容:唐揚げおよび唐揚げ惣菜等の製造・販売
本社所在地:北九州市八幡西区
電話:093-644-6300
ホームページ:http://www.karajyu.co.jp
独自の製法で作った唐揚げと関連惣菜を販売する食品会社。現在福岡県を中心に持ち帰り専門店33店舗を展開中。従業員数380名(平成30年3月末現在)

(上)からのつづき

北九州の食品業界では確固たる地位に

おかずにもおつまみにもなり、塩気と油気がある唐揚げは、工場で働く人が多い北九州の土地柄にも合ったのだろう。
しかし同社の唐揚げが20年以上にわたり支持されているいちばんのポイントは、唐揚げという揚げたてが命の食材を、普通の飲食店ではなく持ち帰り専門店で展開したこと。そして「冷めても美味しい・冷たいままでも美味しい」という他社が思いもつかないコンセプトで商品開発を行ったことにあると言える。

こうして建材販売から食品会社へと生まれ変わった同社は、平成22年に会社名を高和商産から株式会社唐十(からじゅう)に変更。これは「ジュウジュウ」という唐揚げを揚げる音、そして「和」を最も大切にする社是を、交差する「十」の字に込めたものだ。
現在年商は25億円を超え(平成30年3月末)、名実ともに北九州の食品業界では確固たる地位を築き上げている。

本社隣接の工場で全工程を一貫して行う

同社製品の高い品質は、肉のカットから特製タレへの漬け込み、粉付け、揚げなど全ての工程を八幡西区の本社に隣接した工場で一貫して行うことにより保たれている。形をきれいに整えるため、揚げる前の最後に丸める作業をひとつずつ手作業で行うこだわりぶりだ。
こうして出来上がった商品は、美味しさを 閉じ込めるよう急速冷凍され、運送会社により速やかに各地の店舗へと運ばれる。このように製造工程の集約化と一元管理ができる生産体制も、コスト面や衛生管理の上で同社の強みになっているという。

実はこの本社用地は遠賀信用金庫とのご縁で取得されたもの。信用金庫とのお付き合いは40年近くになり、しんきん合同商談会にも欠かさず出展を続けている。「出会いがたくさんあるのがいいですよね。商談会が 縁で他社とのコラボ商品が生まれたり、厨房機械など 最新の情報に触れたりする機会になっています」と活用いただいている。
他にもご夫婦で遠賀信用金庫が企画する旅行に毎年参加されるなど、信用金庫が行う様々なイベントが、地域の企業人たちとの交流の場となっている。

時代の求める事業を行って社会に貢献

業態にこだわらず、常に時代の求める事業を行って社会に貢献するという髙山会長の方針のもと、唐十グループには介護事業部の「株式会社さくらサービス」と、不動産事業部の「株式会社サンシャイン」というふたつの部門を傘下に持っている。
不動産事業は唐十グループが様々な事業展開を行う上で生じる不動産取引を行うために設けたもの。髙山会長自ら率先して宅地建物取引士の免許を取得し、店舗用地のスムーズな取得、運用などに活躍する他、マンション経営などで堅実な利益をあげている。

介護事業部は16年ほど前にビデオレンタル店事業を整理した際、余った人員を継続雇用して活躍の場を作る目的で始まった。これもまた「常に時代の求める事業を行う」髙 山会長の方針に沿ったもので、会長は戸惑う社員10人を引っ張って介護業界最大手・ニ チイ学館の門を叩き、社員と一緒に学んで介護ヘルパーの免許を取得したそうだ。
新しい事業を始める際に、ただ命令するのではなく、率先して行動をともにする髙山会長の姿勢は、社員にとっても大きな励みになったことであろう。こうしてヘルパー資格を取得した後に、八幡西区本城にデイサービスセンター「つくしケアセンター」をオープンした。

「ところが最初はえらい赤字でしてね。スタッフは 人いるのに利用者はひとりの時もありました」と話す髙山会長。
しかしリハビリを中心にした丁寧なケアと美味しい食事が評判を呼び、1年、2年と経つうちに利用者が増えてなんとか軌道に乗せることができた。

「リハビリ機器も充実させましたが、やはり人間は食事が基本です。母体が唐揚げ屋ですからね、美味しいものを食べてもらいたいし、肉を食べると弱ったお年寄りがどんどん元気になるんですよ」と、美味しい唐揚げはケアの現場にも役立っている。

デイサービスセンターに続いて立ち上げたのは八幡西区陣原と八幡東区西本町に建てた2棟のサービス付き高齢者住宅「つくしの杜」だ。こちらはデイサービスを行ううちに「安心して暮らせる住居が欲しい」という利用者の声に応えて作ったもの。
「経費がかかるばかりで利益なんかまだまだ」と会長は言うが、 時間の介護サポートや医療・生 活サポートがついた体制が評価を得て、入居希望者が相次いでいる状況だ。

常に危機感を感じ、新たな夢へ

こうして今ではグループ全体売上の2割を担うまでになった介護事業部には、大学で介護を学んだ髙山会長の長男・良太氏が運営管理を行っている。唐十本社には次男の幸作氏が入社して経営をサポート中だ。
グループの売上も堅調に推移する中、後継者も育って将来は明るく見えるが、髙山会長は今も危機感を感じながら経営に当たっているという。

「中小企業は時代に翻弄されますからね。いつも社員には『今の商売がずっと続くと思うなよ』と言うんです。風向きが変われば、それに合わせて変わっていかなければならない。そうやって柔軟にやっていくしかないから、大きくなる必要もない。やはり目の届く範囲で商売を続けたいのです」と髙山会長。
各地でフランチャイズ提携や出店の誘いはあるものの、今のところは自社工 場から商品を届けられる範囲内で、直営店舗を通じ販売するスタイルを守っている。

しかし髙山会長は現在のやり方にこだわるつもりは全くない。最近社長や幹部たちとよく話すのは、広く市場に流通する食べ物を作る『食品メーカー』になる夢だという。そのためには生産体制や衛生基準など大きなハードルがあるが、髙山会長は「時間はかかっても実現したい」と夢を膨らませている。
取材時には近々に、グループ初のパン屋をオープンする予定で、所持金2千円の建材販売から始まった事業は、約50年の間に次々と変化しながら大きく成長を続けている。
時代のニーズを敏感に感じ取り、それに 合わせる変化を恐れない髙山会長であれば、目指す食品メーカーへの道のりは意外に遠くないのかもしれない。その時のメイン商品は何になっているのか、これからの歩みが 楽しみだ。

(おわり)

この記事について

元気な中小企業は、地域の宝!
地域経済を牽引する数多くの中小企業のなかから、福岡・佐賀・長崎の元気企業を紹介します。
中小企業経営者の波乱万丈の物語から、地域に愛される秘訣、世界に誇れる技術など、企業と地域を元気にするヒントがここに!