健康食品としてにんにくに着目 【IPC(九州豊穣倶楽部グループ) 】遊撃する中小企業 〜がんばってますけど、何か?

地域企業
グループ 2 社の代表を務める深川剛社長。
自社だけでなく、農家や協力者と共に発展していくことを目指しています。

IPC(九州豊穣倶楽部グループ)
佐賀県伊万里市立花町 854-1
TEL:0955-25-8159
HP:www.ipc-imari.jp
Facebook:IPC 伊万里パワフルカンパニー

健康食品としてにんにくに着目

伊万里市郊外にある九州豊穣倶楽部グループは、主に農産物と農産加工品の生産・製造を行う会社IPC(Imari Powerful Company)と、それらの販売を行う商社・九州豊穣倶楽部(株)の2社から成り、どちらも深川剛氏が代表を務めています。

深川社長が伊万里信用金庫の創業支援を受けてIPCの事業を起したのは2015年。それまで様々な職業分野で経験を積む中で、健康づくりに役立つ「スプラウトにんにく」に着目し、地元伊万里の農家と提携して商品化をスタートしました。にんにくを特殊な環境で発芽させて作るスプラウトにんにくは、通常のにんにくよりも栄養価が高く、食後の匂いも 数時間で消えるという商品。発売後は高級レストランやスーパーなどに販路が広がり、順調にスタートを切ることができました。

独自の製法で作られる九州産発酵熟成黒にんにく。
契約農家と一緒に、信頼される品質を保っています。

手応えを感じた深川社長が次に注目したのが、現在同社の主力商品になっている「発酵熟成黒にんにく」。にんにくを特殊な環境下で発酵・熟成させて作る黒にんにくは、生食よりも栄養価がさらにアップする上、刺激や匂いが軽減されて誰でも食べやすい健康食品です。

現在の主力商品となっている発酵黒にんにく。
OEM 供給のほか、伊万里市内の直売所などでも販売されています。

原料と製法にこだわった黒にんにくがヒット

にんにく加工品を作る会社の多くが原料に低コストの輸入品を使っているのに対し、同社では地元伊万里を中心とした国産にんにくだけを使用。温暖な九州に合う品種を選び、丈夫で栄養が増す露地栽培にもこだわっています。製造過程で は専用設備を駆使して40日間の長期低温熟成製法を採用(他社は20日~30日前後)。完熟後もさらに高温で2週間の追熟・乾燥を行って、クセがなく、栄養価の高い黒にんにくを作り上げました。食べた人からは「毎日元気で調子がいい」「病後の体調がみるみる良くなった」などの声が届いており、現在は新型コロナウィルスに対する免疫力の向上も期待されています。

一方で深川社長は、協力してくれる農家の所得向上を図るため、効率的なにんにく栽培法の指導や、あらかじめ買取り価格を決めての栽培契約、遊休農地の再開発などにも力を入れています。

「にんにくは上手に作れば少ない面積で効率よく収量を上げることができ、地域の農業を支える可能性を秘めています。 当社が販路を確保して全量買取りを続けることで、お世話になっている地元の役に立ちたいと思っています」

スプラウトにんにくを乾燥したチップや、菊芋パウダー、アスパラパウダーなど、健康をテーマにしたオリジナル商品を展開中です。

商談会をきっかけに新商品を開発中

黒にんにくを中心とした商品群は、現在様々な会社や商店に供給していますが、さらなる販路拡大を目指して、しんきん合同商談会にもこれまで2度出展しました。前回の商談会では、同じ伊万里で磁器の販売を行っている伊万里商会と商談を行い、共同での商品開発に成功。現在は伊万里商会の小鉢に黒にんにくを入れたコラボ商品が、伊万里市のふるさと納税返礼品にも採用されています。

今回の商談会でも様々な企業との商談を行い、現在は国産蜂蜜を作る会社との商品企画や、飲料メーカーとの新ドリンク開発の企画など、複数のプロジェクトが進行中。OEM供給や農産加工原料に強い自社の特徴を生かし、事業展開に役立てています。

新規就農者にイタリア原産ミニトマトの栽培を依頼。
生産に専念してもらうことで、生産者支援を行っています。

「商談会は視野を広げる良い機会になりますね。にんにく以外にも、売り出したい商品はまだたくさんあるので、今後は それらをどれだけ市場に出せるかが課題です。当社の商品だけでなく、農家も含めたグループ全体で、伊万里地域の力として評価されるようになれば一番いいですね」と話す深川社長。地域の総合力を売る企業として、これからも生産者と共に歩み続けていきます。

九州の気候に合う「嘉定種」のにんにくを契約農家にて栽培。
肥料や育て方も指導し、農家の所得向上にも貢献しています。

おわり

この記事について

元気な中小企業は、地域の宝!
「しんきん合同商談会〜中小企業における商売繁盛の祭典〜」に参加した福岡・佐賀・長崎の元気な中小企業を紹介します。
商談会を通して、販路開拓や調達先の拡大など。新たなビジネスの創出につながった多くの事例・ヒントがここに!