人気の秘密は 常に工夫し続けること 福岡の奥座敷から 日本の良さを世界へ 【株式会社 楠水閣 】(下)遊撃する中小企業 〜がんばってますけど、何か?

地域企業

会長 安永孝義氏
代表取締役社長 安永徹氏

会長は昭和4年生まれ。義父が創設した楠水閣を脇田温泉随一の旅館に育て上げた。一方で若宮町観光協会会長として地域の発展に寄与。
徹社長は昭和37年生まれ。父を支えながら時代に合わせた経営を行い、来客を楽しませる様々な企画を行って高い人気を保っている。

楠水閣の名の由来となった楠の木と、犬鳴川を挟んで建つ本館(右)と別館(左)。

株式会社 楠水閣
創 業:昭和33年
事業内容:温泉旅館・入浴施設と関連サービス業
本社所在地:福岡県宮若市
電話:0949-54-0123
HP:http://www.nansuikaku.com

福岡市に近い温泉郷・脇田温泉に昭和33年より続く温泉旅館。
部屋数29室。館内を貫いて流れる渓谷の風情と、ロビーや廊下まで畳を敷き詰めたしつらえが特徴。
日本ならではの温泉とおもてなしを楽しめる宿として、最近は特に福岡を訪れる外国人観光客の間で人気が高まっている。

(上)からのつづき

時代に合わせて施設を更新

「湯乃禅の里」のハイライトとも言える仕掛けは、巨大な酒樽からお湯が流れ出す仕掛けの「庄助の湯」だ。湯に浸かりながら升酒を飲める(限定ひとり1杯)こともあって、メディアでも度々紹介された。女性には三十六歌仙の絵を配したお風呂や、17種類の竹を植え込んだ「かぐや姫の湯」が好評で、これらはいずれも孝義会長を中心にスタッフみんなで知恵を絞って企画したものだ。

「湯乃禅の里」にはお客様に楽しんでもらうための施設も併設。特にお食事処には力を入れ、手打ちそば処「禅」と地鶏炭火焼の「ぽっぽしゃん」、釜飯やだんご汁などを楽しめる「湯の花」の3店を設置。いずれも素朴で美味しいメニューを準備、他にも身体や足のマッサージを受けられるほぐし処「安寿の療庵」、エステティックサロン「レストア」を設置。お風呂でリラックスした身体をケアし、健康づくりにも役立つなど、様々なニーズを満たすよう配慮している。

「湯乃禅の里」のオープンにより脇田温泉は宿泊しなくても楽しめる温泉地となり、福岡や北九州から家族連れが気軽に訪れるようになった。すると家族だけで入れる貸切の「家族湯」が欲しいという声も高まってきたため、平成16年「湯乃禅の里」そばに家族風呂「ひだまり」をオープン。こちらも岩風呂や桧風呂、寝風呂などそれぞれ趣の異なる5種類のお風呂を設け、お客様を飽きさせない工夫を凝らしている。

さらに平成30年には「ひだまり」に併設して「RVパーク湯乃禅の里」をオープン。これは近年のキャンピングカーや車中泊の人気に対応したもので、駐車スペースには電源ボックスも設置。クルマで来て温泉に入り、食事やお酒を楽しんだ後、そのまま泊まれるスペースになっ ている。料金は1台あたり2千円でトイレや洗面所も完備されているため、夏休みやゴールデンウィークには満車となる人気ぶりだ。旅館だけでなく車中泊のお客様まで楽しんでもらおうという姿勢には、楠水閣の懐の深さが伝わってくる。

リニューアルしたお食事処には全て畳が敷き詰められている。

和の風情で全面リニューアル

こうして次々に施設を拡充してきた楠水閣は、今や脇田温泉のみならず福岡県内でも有数の施設を持つ旅館となった。さらに平成24年にはテレビで知られる伝統建築の名匠・倉橋英太郎氏の監修・設計を受け、全館に渡るリニューアル工事を実施。外観は和風モダンに美しく生まれ変わり、館内も全面リフレッシュしてロビーからラウンジ、お食事処に至るまで畳が敷き詰められた。廊下は段差をなくして畳を敷き、木造の別館にもエレベーターを設置して全館バリアフリーを実現した。全29室のうち14部屋が内風呂付きとなり、一部は展望風呂や露天風呂に改装した。この改装により楠水閣の個性はいっそう際立つようになり、日本らしさが強く感じられる旅館として外国人観光客の注目も高まった。

しかし旅館業にとって施設拡充はリスクも大きく、時には投資に見合った利益が得られず経営を圧迫してしまうこともある。実際に楠水閣でも大リニューアル後は大震災の影響もあって集客が伸びない時期があった。その危機を福岡ひびき信用金庫が資金面でサポートしたが、それでも同館が常に改変を怠らなかったのは、何よりお客様の気持ちをわかっていたゆえであった。

「当館のお客様にはリピーターも多いので、満足していただくためには、常に新しい変 化や演出で飽きさせない工夫が必要です」という徹社長。常に先を見据え、お客様の立場で考えて投資を行って来たことが、楠水閣が脇田温泉を代表する旅館に成長した一番の理由だ。さらに全てを業者任せにせず、できることは自分たちでやるのが楠水閣の方針。「趣味は営繕」と言う孝義会長の下、改善計画から設計までを行い、ちょっとした工事なら社員だけでやってしまう。

もちろん旅館業にとって大切な接客や料理もおろそかにしない。接客面では「お客様にとって旅行はハレの日。毎日がお正月と思って接しなさい」と心構えを説く。料理は季節の新鮮な食材を美しい会席料理に仕上げ、その評価はミシュランガイドにも掲載されるほどである。

「俳句の道」に沿って立てられた丸太に毎年の入選作が 掲示され、訪れる人を楽しませてくれる。

外国人も魅了する地域づくり

こうした環境整備と接客・料理面の充実により、楠水閣の評判は年々高まり、最近では特に海外からの宿泊客が急増している。

「現在はお客様の3割程度が外国人(取材時)。ほとんどはアジアからで、韓国を筆頭に香港やシンガポール、台湾、マカオなどが多いですね。個人やグループ旅行のみ受け入れて、団体旅行は受け入れていないので振る舞いは静かですし、おもてなしや自然など日本らしい部分をとても喜んでいただいています」と徹社長。今後は欧米からのお客様も増やしていきたいとのことで、特にホームページの充実には力を入れている。英・中・ハングル語に対応することはもちろん、AIを使ったチャット形式の質問コーナーや、最安価保証の公式HP予約システムなど、より使いやすいウェブサイトを目指して常に手入れを行っている。

海外やネット空間に目を向ける一方で、もちろん地元への貢献も忘れてはいない。孝義会長は若宮町の時代から長年観光協会の会長として活躍し、様々なアイデアを出して話題を提供して来た。正月に訪れるお客様に喜んでいただくため、高さ10メートル近い大門松を町の入り口に設置。「日本一の大門松祭」として20年以上続けられ、今やすっかり年末年始の風物詩となっている。

また、町内の猫塚の伝説をもとに「追い出し猫」のキャラクター商品を企画。災いを追い出し、福を招く縁起物として宮若市を代表するお土産品の産みの親だ。
さらに平成14年から「若宮全国俳句大会」を開催。全国から募集した俳句から優秀作品を選び、入選作品は脇田温泉の川沿いに並べた丸太に一年間掲示している。

「『俳句の道』は当館の真下を通っていますので、一句一句を楽しみながら散歩ができますよ。川のせせらぎを聴きながら、大楠の間を通り抜けたり、吊り橋の下をくぐったりしますので、心癒される時間をお過ごしいただけると思います」と徹社長。これからも豊かな自然環境を生かし、魅力ある設備と心のこもったサービスで、脇田温泉の魅力を多くの人に知っていただきたいと願っている。

おわり

この記事について

元気な中小企業は、地域の宝!
地域経済を牽引する数多くの中小企業のなかから、福岡・佐賀・長崎の元気企業を紹介します。
中小企業経営者の波乱万丈の物語から、地域に愛される秘訣、世界に誇れる技術など、企業と地域を元気にするヒントがここに!