綿の持つ力を引き出して独自の健康寝具を開発ナチュラル志向の生活者からますます支持が上昇中 【龍宮 株式会社】(下)遊撃する中小企業 〜がんばってますけど、何か?

地域企業

代表取締役社長 梯恒三氏

昭和31年福岡県浮羽郡吉井町(現・うきは市)生まれ。
大学在学中に父に請われて家業に。機械工学の知識を生かし、主に技術面から会社を支えてきた。
平成25年に三代目社長に就任。「パシーマ」の売上を順調に伸ばし、商品バリエーションも増やすなど社業を発展させている。

パシーマ製品のバリエーションは現在70種あまり。
安心して使えてデザインも良いため、ますますファンが増えている。

龍宮 株式会社
創 業:昭和22年
事業内容:寝具ほか綿製品の製造・販売
本社所在地:福岡県うきは市
電話:0943-75-3148
HP:http://pasima.com

従業員数40名。
綿の紡績業として創業し、後に脱脂綿・ガーゼ・不織布などの綿製品製造に特化。
現在は脱脂綿とガーゼで作られたオリジナル寝具「パシーマ」を全国に展開中。市内の新生児に無料配布するなど、地域の健康づくりにも貢献している。

)からのつづき

創業の商品に立ち返って再出発

アイデアマンだった禮一郎氏の信条は「まだ世に出ていないもの、他社にできないもの、少しでも人の役に立つもの、を作りたい」というもの。再スタート後も研究に励み、ガーゼに脱脂綿を取り付けた「プラスガーゼ」や、それを発展させた「清潔フキン」を開発。 当時はあまり売れなかったが、これらの構造は後のヒット商品に受け継がれる。

やがて目を向けたのが地場産品とのコラボレーションで、これには今まで日本や世界など大きな市場ばかりを夢見て痛い目に遭った反省があり、窮地でも温かく援助してくれた地元へ恩返ししたいという思いもあった。そこで木工家具用の綿クッションや、久留米の特産品である綿入れ半纏、筑後地方特産のい草クッションに使う綿のクッションなどを次々に開発。するとそれぞれ一定の評価を得て売上が伸び、再建の道も少しずつ 軌道に乗り始めた。

そして再出発から10年、昭和60年代に入ると、禮一郎氏はアレルギーの研究に取り組み始める。その頃、禮一郎氏はアトピー性皮膚炎の悪化に悩まされていたこともあり、その一因と考えられる住環境を、自らの手で改善したいと考えた。まず目を向けたのは床材の畳。住宅の密閉性が向上する中、床下でのカビやダニの発生が増えていることに注目し、「龍宮畳」を開発した。これはベニヤ板に無数の通気孔を開け、その両面に硬綿を圧着して作った畳床で、さらにそれを利用した敷布団やソファー、ベッド、枕なども考案。これらは評判を呼び、平成元年に福岡県発明考案審査会で優良賞を受けるなど、社会的評価も高まった。

平成4年、76歳になっていた禮一郎氏は社長を退任して会長となり、長男の行一氏が社長に就任した。し かし経営を退いた禮一郎氏は、さらに寝具の研究に没頭する。それは変わりゆく日本の住環境の中で、化学繊維や薬品への依存を強めてきたこれまでの生活スタイルを反省し、より自然で人に優しい商品を作ることで、健康的な生活を提案したいという情熱の現れであった。

デリケートな肌に触れる製品のため細かな縫製も多く、生産現場では熟練の技術が求められる。

76歳で革新的ヒット商品を発明

人間の体に害がなく、安心して使える寝具をずっと考え続けていた禮一郎氏が行き着いたのは、自身の原点でもある脱脂綿とガーゼだった。そして約10年の研究を経て出来上がったのが、脱脂綿の裏表をガーゼでサンドイッチし、キルト加工で3層構造に仕上げた寝具である。パッド、シーツ、マットなど様々な用途で使えるため「パシーマ」と命名した新商品は、これまでの寝具には無い性質を備えていた。

まず吸水性が普通の綿毛布やタオルケットの1.5倍以上もあるため、睡眠中の汗をすぐに吸い取って皮膚をサラサラに保つ働きがある。さらに保温性にも優れており、脱脂綿を主とした中綿が熱を保つばかりでなく、汗による湿気で素材自体が発熱するので、薄さの割にとても暖かい。そして肌に当たる部分は全て医療用と同じガーゼで覆われているため、肌ざわりがとても優しく、アレルギーなどの心配は皆無なのだ。

「夏はサラッと涼しいんですよ。乾きも早いので毎週洗うことを推奨しています。洗濯機でザブザブ洗えて、洗うほどにふっくら柔らかな風合いになりますよ。中綿が切れることもありませんし、晴れた日なら2〜3時間ですぐ乾いてしまいます」と話す現社長の梯恒三氏。専門の機械工学の知識を生かして会社を支え続け、平成25年より兄の行一氏から引き継ぎ会社の指揮をとっている。

平成4年に発売したパシーマは発売直後からメディアに取り上げられるなど評判となり、順調なスタートを切った。平成5年には福岡県発明考案審査会にて特賞を受賞。その独創性に折り紙がつけられた。

時代にマッチして主力に成長

その後も福岡産業デザイン賞、科学技術長官賞、キッズデザイン賞、ものづくり日本大賞九州経済産業局長賞、世界に誇る日本の産品The Wonder500選定、健康科学ビジネスベストセレクションズ大賞など、さまざまな分野の賞を受賞。発売当初こそ会社の売上に占める割合は1〜2割であったが、その良さが広まるにつれて伸び始め、発売から28年経った現在は、4億を超える年商のほとんどをパシーマと関連商品でカバーしている。(取材時)

「最初はどこに持って行っても『高い』とか『地味だ』とか言われたのですが、今では百貨店や有名通販などが扱いたいと言ってくれます」と笑う恒三社長。現在はベビー用 品やスリッパ、マスク、枕カバー、タオル、布巾、ハンカチ、パジャマなどの商品を展開し、自然志向・健康志向の幅広い年齢層に広がっている。
平成26年には旧吉井町への移転から50年になるのを機に、うきは市で生まれた新生児全員にパシーマのプレゼントを始めた。この企画にはお世話になった地元への恩返しの意味と、赤ちゃんの健康を願う思い、そしてパシーマの素晴らしさをもっと広めたいという願いが込められている。

「将来的には国民の1%、100万人にパシーマを使っていただきたいと考えています。そのためにはまだまだ頑張らないといけませんが、無理せず身の丈に合った投資を行いながら、大事に育てていきたいですね。最近は類似品も出てきていますが、医療グレードの製品を全て自社で作れるのは当社だけと思いますので、そこは自信を持ってやっていきたい。一方で父がやってきたように、新商品開発も続けていきます」と恒三社長。

筑後信用金庫とのお付き合いは長く、ともに地域を支えるパートナーとして協力関係にある。「しんきん合同商談会」にも毎回出展してパシーマのPRを行うほか、同商談会がきっかけで社内のシステムソフト導入にもつながった。

伝統の綿製品を今の暮らしにフィットさせた梯親子の情熱は、これからも筑後川の流れのように、うきは市とともにあり続けてゆく。

おわり

この記事について

元気な中小企業は、地域の宝!
地域経済を牽引する数多くの中小企業のなかから、福岡・佐賀・長崎の元気企業を紹介します。
中小企業経営者の波乱万丈の物語から、地域に愛される秘訣、世界に誇れる技術など、企業と地域を元気にするヒントがここに!