使う人の健康を考え 環境にも優しい商品で 注目される大川のエコ商社 【有限会社 阿津坂商事】(下)遊撃する中小企業 〜がんばってますけど、何か?

地域企業

代表取締役 阿津坂芳徳氏

昭和21年福岡県大川市生まれ。
大学卒業後、 父とともに大工道具販売の店を経営。
シックハ ウス症候群が問題になり始めた頃にドイツ製の健康塗料に出会う。
親しみやすい人柄で交遊の幅も広く、大川の家具関係者や若手起業家たちのよき相談相手となっている。

有限会社 阿津坂商事
創 業:昭和 21 年
事業内容:塗料、家具、インテリア、エコ商品、贈答品の販売
本社所在地:福岡県大川市
電話:0944-87-5525
HP:http://www.atsusaka.com

家具のまち・大川市で主に家具用の塗料販売を中心に創業から73年を迎える専門商社。
健康や環境を考えた商品展開を会社の方針とし、近年は杉の健康効果に着目したオリジナル家具類を製作して話題となっている。

)からのつづき

杉材に秘められたパワーを知る

健康志向、自然志向を会社の方針に決めた阿津坂社長が、次に出会ったのが杉材に秘められた大きな力だった。この時も知り合いの業者に「面白いものがある」と紹介され、出会ったのが「木口スリット材」だった。これは京都大学の川井教授と民間会社が共同で研究・開発した杉の建築用板材で、特徴は杉板の一面に、木目と直角な溝が彫られていること。このような加工を施すことで、杉の繊維の中にある水分などを通す管(=仮道管)が露出する。さらにそこに空気が通ることで空気中の有害物質を吸収して浄化し、「セドロール」など身体の調子を整える効果のある成分を効率よく放出するのだ。

天然の杉には元々そうした健康効果が備わっており、この商品はそんな杉のパワーを最大限に生かすために研究を重ねた結果生まれたもの。実験によれば、杉木口スリット材を設置した部屋では、そうでない部屋と比べてシックハウス症候群の原因物質ホルムアルデヒド濃度が半減したという。さらに湿度を一定に保つ作用もあるので、インフルエンザウィルスやカビ、ダニの増殖を抑える効果も持つという優れものだ。国立大学が実験して得られたデータなので間違いはない。しかも杉材は日本中で簡単に手に入り、安くて軽くて加工もしやすい木材である。大川でも最も利用されている木材のひとつなので、導入するのに迷いはなかった。

「実際にこの材料で作った家具を置いてみると、部屋の空気が良くなった感じで本当に気持ちがいいんですよ。長年家具に携わってきた私でも、目からウロコの商材でした。しかも不思議なことに、これだけ溝があるのにちっともゴミが溜まらないんです。使えば使うほど、杉材から埃を寄せ付けないパワーが出るんでしょうね」

身体に対しても①脳の活性化、②集中力アップ&リラックス効果、③免疫力のアップという働きが実証されており、特許も取得し、今後ますます利用の広がりが期待できる。

杉木口スリット材の断面。
互い違いに溝を彫ることで、仮道管が表面に現れて空気の通り道ができ、健康効果がアップする。

杉スリット材で作るアイデア家具

 導入を決めた阿津坂社長は、馴染みの木工会社の協力を得て商品開発に取り組んだ。その結果誕生したのが「杉のここち・スギットシリーズ」の商品群。材料 は熊本県小国町産の杉にこだわり、美しい木目を生かしたデザインを心がけた。

いちばん安価で買いやすいのはデスク用の「プログレスボード」で、デスク前に開いて置くことで脳を活性化して集中力を高め、仕事や勉強の効率を高めてくれるもの。この「プログレスボード」にはベッドの枕元を囲むバージョンもあり、リラックスした深い睡眠がとれて、免疫力も高める効果がある。

さらに杉木口スリット家具には勉強机、キャビネット、椅子、ソファー、本棚、衝立、壁面用装飾ボード、照明器具、ちゃぶ台などの製品が次々に加わっている。受注生産なので、購入したユーザーからの評判は上々。「勉強に集中できるようになった」「めまい が落ち着き、薬をやめることができた」「ひどい咳で入院までした子が元気になった」「寝室に置くとよく眠れるようになった」など、嬉しい声が返ってきている。

最近ではさらに研究が進み、正倉院の宝物が杉の持つ調湿力や浄化力で守られていたことがわかったり、発達障害で暴れる児童を鎮める効果も確認されたりしている。知るほどに不思議で奥深い杉の力に、阿津坂社長の探究心は刺激されるばかりだ。

「本当は住宅全部を杉材で建てると一番いいのでしょうけど、マンションなどにお住まいの人は、スギットシリーズを使うだけで効果が出ると思います。健康面でお悩みの方にはぜひ試していただきたいですね」

リボス社のエコ塗料に杉木口スリット材など、人の健康を考えた商品をいち早く導入し、それらを丁寧に育ててユーザーに届ける。その将来を見抜く眼力と、着実に売る販売力は確かなものだ。しかもいつも前向きで楽しそうに仕事をしているため、自然と周囲に人が集まってくる。常に新しい商品を紹介されて情報が入るのも、そんな人柄による部分が大きい。

天然鉱物バーミュキュライトの効果により、消臭・調湿効果を持つ新製品のシリーズ。

自然派の商品を信用金庫とともに

現在同社が普及に力を入れているのは、匂いや湿気を吸い取るグッズ類だ。消臭スプレーは化学物質を含まず、天然酵素の力を利用したもの。衣服や部屋の匂いをスッと消し去ってくれる。

「モイソール」という商品シリーズは、多孔質の天然鉱物「バーミュキュライト」が匂いと湿気を吸収するもので、靴の消臭や湿気取り、冷蔵庫やタンスの消臭に使うと効果的だ。このシリーズはおおかわ信用金庫の勧めで商標登録も取得した。

さらにこの鉱物を使った商品にはバスマットに加工したものもあり、一般的な珪藻土商品とは違って接着剤成分を含まない上、ホルムアルデヒドを吸着分解するなど優れた特性を持っている。

また、健康志向商品ばかりでなく、電動で上下するテーブルも開発。これはあらゆる生活のシーンやライフスタイルに合わせて高さを調節できるため、会社の会議室や作業台、パソコンルーム、食卓などにお勧めしている。

このように広がってきた新しい商品により、今まで取得した実用新案は8件。申請中も4件(取材時)あって、全てが同業種・異業種問わず他社と交流することによって生まれたものだ。こうした地域の企業家同士を結びつけることは、信用金庫が果たす大きな役割のひとつ。特に大川は中小の木工関連業者が多く集まるエリアのため、地域の事情に詳しいおおかわ信用金庫は頼りにされる存在だ。阿津坂社長もまた同金庫と長年取引をする中で交流の幅を広げ、自社の事業に生かしてきた。同金庫にとっても阿津坂社長は地域を引っ張ってくれる大事なリーダーのひとり。両者は互いに地域とともに発展するという共通の目的によって強く結びついている。

「今、大川のまちでは、若い世代からいろいろな製品や動きが生まれ、新しい風が吹き始めています。起業したい人から相談を受けるといつも『おおかわ信金さんに行きなさい』と言うんですよ。これからの大川を背負うのは、彼ら若い世代ですからね」。そう言って微笑む阿津坂社長の眼には、まちの明るい未来が映っている。

おわり

この記事について

元気な中小企業は、地域の宝!
地域経済を牽引する数多くの中小企業のなかから、福岡・佐賀・長崎の元気企業を紹介します。
中小企業経営者の波乱万丈の物語から、地域に愛される秘訣、世界に誇れる技術など、企業と地域を元気にするヒントがここに!